2015年01月08日

わスカーフのアイロン修理

杢絞りの「わスカーフ」。
使っているうちに、伸びてきました。
150108_1.jpg
部分的に大きく乱れ、波打っていたり。
こんな時は早めにスチームアイロンのスチームを当ててみましょ。
150108_2.jpg
気になる部分をできるだけ寄せて、
150108_3.jpg
高温のスチームを、当てます。
(アイロン面はスカーフに接触させてはいけません)
これが「浮かしがけアイロン」です。
150108_4.jpg
だいぶ戻りました。
150108_5.jpg
更にまだスカーフにスチームの熱さが残っている間に、ぎゅっと握ります。
そのまま熱が冷めるまで握ります。
150108_6.jpg
当て布の上から蒸気を当てるのも大変効果的です。
その場合も当て布は、スカーフの温度が下がるまで被せたままにしておきます。
一気に直すことは難しく、
何か所もある伸びた部分を順繰りに
「手で整えてはスチームを当てる」作業を繰り返します。
決して焦ってはいけません。
やがて、アイロンの中の水がすべてなくなるころには、
150108_7.jpg
この通り!

もちろんこの浮かし掛けアイロンで、
すべてのスカーフをまったくの元通り凹凸に甦らせることができるとは言えません。
可能性はある。と言うお話しです。
でも、ぜひお試しくださいませ。
posted by あきまる at 23:57| Comment(0) | 製品のお手入れ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]