2015年11月21日

わスカーフを洗いたい!2

昨日洗って干した「わスカーフ」。
一夜明けて、乾きましたので、洗濯ネットから取り出してみます。
151121_1.jpg
絞りは、さほど伸びることなく、上手に洗えました。
でも、やはりところどころ絞りが開き、乱れているようです。
蒸気アイロンの浮かし掛けで少しでも改善されるかもしれません。
151121_2.jpg
このようにアイロン面をスカーフから1cmくらい浮かせて、
蒸気だけをかけていきます。
その間、空いた方の手で、絞りを縮め、整えながらじっくりとかけましょう。
やがて、
151121_3.jpg
151121_4.jpg
かなり戻りました。よかったです。
さ、スタッフに着てみてもらいましょう。
151121_5.jpg
おお、
ワインカラーのトータルコーディネイトになってますね。

151121_8.jpg
151121_9.jpg
めちゃくちゃ久しぶりのこの二人のはじけた笑顔。
やはりいいですねえ!うんうん。
(ん?このポーズはっ!?今流行の…(笑))
右のスタッフが着ている黒いわスカーフも同じ方法で洗濯したものです。

基本的に当店の絹100%のスカーフ類は、ご家庭でのお洗濯は不可、
専門店の石油系のドライクリーニングでお願いしています。
しかし、このように丁寧に洗ってお手入れすれば、
ある程度絞りの凹凸を保つことは不可能ではありません。
絞りが伸びたり乱れたりする理由は様々です。
すべての製品をこのようにほぼ元通りに復元できると
保証することができませんので、製品につけた洗濯表示では、
やはりドライのみです。
お許しください。

お問い合わせなど、お気軽に。
posted by あきまる at 21:56| Comment(0) | 製品のお手入れ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]