2010年09月14日

唄絞りのお洗濯

いつまでも暑くてかないませんが、今日はややまし。
100913_1.jpg
しばらく使って、ややくたびれてきた大きな唄絞りのスカーフ。当店の絞り染めスカーフは、「専門店のセキユ系ドライクリーニング」でお願いしております。でもね。汗もついてるからやはり、この時期は特にお水で洗いたいものです。まったくもとのまま、にはならなくてもかなり絞りの凹凸を残す方法はあります。多少のびちゃうのを覚悟で、さあ、軽く行ってみよう!
ここから先はお客様責任でお願い申し上げます。私も自己責任で。
100913_2.jpg
大きめの洗濯ネットに、絞りを整えた状態でスカーフを入れます。
100913_3.jpg
絞りが少しでものびないようにするためには、洗濯機の中の水流で引っ張られないようにするのが肝心。スカーフ入り洗濯ネットを、ビニール紐などで、十文字にきつめに縛ります。
100913_3.jpg
「手洗い」モードの洗濯機。
おしゃれ着用の液体洗剤を適宜いれて、スイッチオン!
100913_5.jpg
洗えたら、紐をほどいて、中のスカーフの絞りをそっと整えて、(のばさないように注意してね)から、ネットに入れたまま陰干しで、自然乾燥。スムーズに乾く方がいいでしょうから、雨の日は避けた方がいいと思います。
明日をお楽しみに〜〜。
posted by あきまる at 22:40| Comment(0) | 製品のお手入れ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]