2010年09月15日

唄絞りのお洗濯 後編

前日に手洗いモードの洗濯機にかけて、
洗濯ネット入りのまま陰干しした唄絞りのスカーフ。
乾いたようです。見てみましょう。
100915_1.jpg
どれどれ?
100915_2.jpg
おおお〜〜っっ。これはかなりいいではありませんか?
もともと伸びてたところは伸びたままですが、少なくとも、真っ平ら!にはなりませんでした。おめでとうございます〜〜っ。
さっそくボディーちゃんに着てもらいましょう。
100915_3.jpg
グッドです。はい。

片山文三郎商店からのご案内--------------------

伝統の絞り染めは水分に弱く、汗などにより伸びる場合がございます。ですので、
当店の絹100%のスカーフは「石油系ドライクリーニング」をお願いしております。製品に付いている洗濯表示にて、お確かめください。


しかしご家庭でのお洗濯を希望されるお客様が多く、今できることで、
何かお応えすることはないかと模索し、今回の方法をご紹介させて頂きました。
お洗濯前に既に伸びてしまっている部分は、復元しませんし、お買上げ時のような整然とした絞りの並びは水流に揉まれて、なくなりますが、凹凸はご覧の通りかなりの確率で保持されます。
もしかしたら、上手くいかない時もあるかもしれませんが、お客様責任で、だめもと、でお試しいただければと思います。


-----------------------------------------
posted by あきまる at 22:22| Comment(0) | 製品のお手入れ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]