2012年04月06日

うららかな春は、いずこに

今日も寒かったですね〜〜。
それでもウチの近所の桜の大木がいきなり満開になっていて、びっくりしたのですが、
夜にはその下で(ただの公園なので、昼仕様。晩ははっきり言って暗い)かなりの人数の宴会が開かれていて、もっとびっくり。
寒くないのか?

4月4日午前8時の京都御苑の糸桜の一眼レフ画像をお送りします。
私、ダウンジャケットにマフラー着用でしたが、
この朝も、ものすごく寒くて凍えました。
120406_1.jpg
近衞邸の枝垂れ。烏丸今出川辺りの門から入ると近いです。
大きく「糸桜こちら→」とか全然書いてないから、探してね。
120406_0.jpg
同じ二本の木の右半分。お池に枝垂れが降り注ぐような雅な景色が広がります。
運がよければ、朝ご飯に来たカワセミちゃんが見られます。
この日は見られなかったけど、前に見ました。けっこう大きいよね。
他の場所から撮ると、
120406_2.jpg
こんな感じで、他の木はまだまだ全然咲いてない印象でした。
これが4日だから、まあ、そろそろ咲きそろうのかしら?

当日は曇天で、今ひとつ撮影も盛り上がりようがなかったわけですが、
マクロレンズで、つぶさに見ているとそれなりに美しいではありませんか?
120406_3.jpg
120406_4.jpg
今まさに開花しようとして、一生懸命な命を感じるのでした。
120406_5.jpg
枝垂れ桜は、真下から上を向いて撮ったりします。
あんまり上ばかり向いてるからクラクラしてきますね。
最後は、この日一番のお気に入りショットを。
120406_6.jpg
色が飛んでしまって白い空に溶け込んでます。
墨染め桜と呼びたくなりました。

ああ、快晴カモ〜〜ン!!!
posted by あきまる at 23:49| Comment(0) | 観光/四季の花々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]