2012年04月16日

醍醐寺20120408

今日はまた少し雨でしたが、春は着実に進んでいますね。
なかなか見頃にならなかった今年の桜も、いざ、咲いてしまえば、あっという間に散ってゆきます。
はかなくて、美しくて。ああ、日本。
と言うことで、桜狩りの4月も後半やねえ。はああ〜っm・・m
なんか切ない。
今夜は4月8日醍醐寺の桜を振り返ってみましょう。
120416_1.jpg
120416_2.jpg
これは朝一番9時すぎの霊宝館の枝垂れ桜の画像。
まだ逆光で、日陰の部分が紫色に見えます。
120416_3.jpg
徐々に陽は動いて、この通り、輝くようなすばらしさです。
数々の日本画で、お馴染み。この枝垂れのために早起きしました。
そのカイありましたよ。うんうん。もう、ほとんどこの世のものとは思えないような。
絶対、桜の精がいるよね。と。
ついでだから、このファインダーの外側もばらしてしまいましょう。
120416_4.jpg
これが朝一。私より先におられたのはたった独りでした。
静寂の中で一眼レフの大きなシャッター音がこだまします。
それが、1時間後、
120416_5.jpg
この通り!!!!(右側の黒い固まりが全部人。)
桜の手前は蛇行した順路になっていて、柵がはってあります。
その柵から一歩でも入ろうものなら。(汗)
と言うことで、皆さん必死でカメラだけを柵内に突きだして撮ってはるんですねえ〜〜。
ええ、もちろん私も。
120416_6.jpg
これは、その皆さんの真後ろ。こっちもきれいでした。
120416_7.jpg
120416_8.jpg
白壁に映える三宝院の桜。やや小さいけど、流石の枝振り。
120416_9.jpg
入場料のいる最後の場所「伽藍」への門。
120416_10.jpg
国宝の五重の塔と、枝垂れ桜。ここではまだ5分咲き。
120416_11.jpg
すらりと伸びた華奢な枝垂れ桜。
これはとても自然な感じの優しさがありました。
こんなにも美しい桜が目白押しで、いやほんまに、
「これはこれは、太閤殿下もお悦びじゃのお〜〜っっ」と。
posted by あきまる at 22:55| Comment(0) | 観光/四季の花々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]